花言葉は悲劇のサイン

(はなことばはひげきのさいん)
初演日:2011/0 作者:Bobson
初演会場
初演劇団Bobsonの脚本
キャスト総数6(男:4 女:2 その他:-)
上演時間90分
あらすじ ピコピコハンマーを愛する女刑事、姫川兎子(ひめかわうさこ)の家に住まう面倒くさがりの名探偵、石家主(せきやつかさ)。職業、庭師?
下ネタ好きの上司、一休零(ひとやすみぜろ)と共にお嬢様刑事が発見したのは有名俳優の自殺死体。浮かび上がった犯人像は依頼成功率100%、悲劇を求める史上最強の殺し屋、フローラルプランナー。さらに名探偵のもとに訪ねてきたのは切れ者アル中ジャーナリスト。そして交錯する3人の天才。しかし推理活劇は次第に悲劇に変わる。
日常に飽きたすべての人々に贈る、B級サスペンス演劇!
―――「面倒くさいけど、すべてわかった。」
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他 ※脚本の脚色・改訂に関しては特に制限を設けておりません。
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 (0)
お笑い 2222222222 (20)
ミュージカル (0)
サスペンス 444444444444444444444444444444 (60)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス 9999999999 (20)
(2017/5/1 06:18:47現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム