地獄・変?

(じごくへん)
初演日:0/0 作者:月舘 壽晃

      『 地獄、変? 』

                  2012・8 作

      具体的な舞台装置はない。中央に腰掛けられる程度の台がひとつあればよい。
      衣装や小道具なども、伝えられるだけの最小限度のものでよい。音響を肉声でやるのもよい。

声   ここは、黄泉の国への入り口。今日も閻魔大王が、死者を極楽浄土へと導くのか、はたまた地獄へと叩き落すのか、次々と裁いて行くのだった。

      幕が開き、明転。
      舞台中央に閻魔大王と門番。
      死者がひとり、連れ去られて行く。どうやら地獄行きが決まったようだ。
死者  いやだー!地獄はいやだ!今度から気をつけますから、お願いです!
先導  (引きずるように)これ!往生際の悪い、来い!
大王  (手を振って)じゃあね。
門番  まったく、悪人が後を絶ちませんねえ。現世は一体どうなってるんでしょうかねえ。
大王  一度見てくるか。
門番  だめですよ、この間だってそうでしょ。検分だとか言っておきながら、ノーパン喫茶ばっかり立ち寄って。
大王  (咳払い)それにしても暑いなあ!
      ゴボゴボという煮えたぎった音。ブウォーという熱風の音。
大王  暑いなあ!・・・涼しいとこ行こうよ。現世がどうなってるか見に行こうよ。
門番  大王!少し真面目にやりましょうよ。
大王  このクソ暑いのに、真面目に仕事してられっか?
門番  大王。最近評判よくないっすよ。裁きの仕事、ちゃんとやっていないようだから誰かに変えようかって、大日如来が言ってたとか。
大王  何か菩薩の国で大変なことがあったらしくてなあ。そりゃもう大騒ぎだ。
門番  何っすか?大騒ぎって。
大王  さあ?関係ないね。
門番  まさかそのとばっちりってわけじゃないですよね。
大王  左遷?ってことか。
門番  そうですよ。
大王  大王って言ったって、仏の世界では下っ端小役人、まあ係長ってとこだかんね。中間管理職もつらいのよ。こんな暗いところで毎日こつこつ真面目にやってる仏もいないよ。中には結構自由にやってる仏もいるじゃない。
門番  例えば?
大王  最近、仏像ブームとかであちこち出かけてるようだし。阿修羅にいたっては、もうアイドル級の扱いじゃねえか。
門番  いかにも、キャー!カワイイ!かなんか・・・仏にカワイイってもねえ。
大王  恵比寿なんかは、最近「エビちゃん」かなんか言われてモデルしてるって言うし。
門番  あれ、そうなんすか?
大王  大黒もそうだ。
門番  大黒も?七福神っていいすねえ。
大王  CD出してんだぞ。
門番  はあ?
大王  「オオグロ」とかいって・・・。
門番  それ違うくないすか?もっともっと、熱くなれ!とかでしょ。これ以上、熱くなくていいっつうの。
大王  ライブじゃ結構盛り上がってるとか。
門番  それ、本当っすか。
大王  いいなあ・・・ん?左遷ってもの悪くないねえ、北海道とかいいんじゃない?涼しくて気持ちいいよ。
門番  冗談!話じゃ、地獄の窯のかき混ぜ係らしいですよ。
大王  いやだよう!このクソ暑いのに。
門番  だったら、ちゃんとやりましょうよ。
大王  ちゃんとねえ。せめてこの衣装、なんとかなんない?クールビズにするとか。
門番  大王!
大王  ハイハイ。でももう帰ろうよ、今日はもういいわ、疲れた。
門番  他にもまだいるんですから。
      新しい死者が上手より登場。ガクガクと激しく震えている。
大王  (それにつられて)地震か?
門番  え!(死者をつかまえるが一緒に揺れて)大丈夫、落ち着いて。
死者  あ、はい。
門番  深呼吸しよう、深呼吸、ね。ハイ大きく息を吸って!吐いて!息を吸って。
大王  ハイ止めて!・・・ようし、ご苦労様。
門番  レントゲンじゃないっつうの。
死者  はあ!死ぬかと思った。
門番  もう死んでるし。(大王に)では裁きを。その前に、生前の罪状の確認です。
死者  私は、何も悪いことをしてはいない。本当です、信じてください!
門番  まあ落ち着いて。それはこちらが判断することです。
死者  死んでる場合じゃないんです、どうか元の世界に返してください、お願いします。
大王  見苦しいぞ!
門番  ヨッ!いいぞ、その調子。・・・では、罪状から。罪状、覗き。
大王  はあ?覗き?
死者  ただの覗きじゃありません!
門番  昨夜、東京都葛飾区にお住まいの坂下美和さん19歳の住むアパートに潜入。窓から入浴中の美和さんを覗く。美和さんはそれに気づきキャーっと悲鳴をあげた。驚いた近藤太郎(大王に)この男の名です。近藤太郎23歳はベランダから転落、後頭部を強打し死にいたる・・・と言うことです。いかがいたしましょう。
大王  いかがって・・・ねえ。覗きはいかんだろう、覗きは。
門番  何を考えておるんだ。
大王  つまんねえことで死んじまったもんだねえ。・・・で?どんなんだったの。
門番  (咳払い)
大王  まあ、モラルはモラルだから。気持ちは解るけど。
門番  (大きく咳払い)
太郎  ただの覗きじゃありませんって。
門番  ただのって、じゃあどういう覗きよ!
太郎  確かめたかったんです。
大王  おっぱいをか。
門番  大王。
大王  嫌いじゃないし。
太郎  妹かもしれないんです。
門番  妹?
大王  妹を覗いたのか?いかん、いかん、そりゃいかん。
門番  変態。
太郎  いや、そうじゃなて。その娘が妹かどうか確かめたかったんです。
門番  え?どういうこと、どういうこと?
太郎  幼い頃に生き別れになった妹かもしれないんです。  
大王  ほう。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム