KAYA

〜温羅の伝説 0.95β

(かや)
初演日:0/0 作者:白神貴士
初演会場
初演劇団
キャスト総数18(男:- 女:- その他:18)
上演時間90分
あらすじ 岡山の地で御伽噺「桃太郎」の源流とされているのが『温羅』の伝説である。

この物語は室町時代の成立と推定される『鬼城縁起』に始まり、幕末期の『吉備津宮縁起』に至るまで残された六つの資料に様々に変化しながら書き留められている。

鬼についても「天竺(インド)から来た鬼神『剛伽夜叉(ゴウキャヤシャ)』」、「日本侵略に来た新羅国王『(吉備津の)冠者(カジャ))』」、「大唐の白斉国皇帝だった『吉備津冠者(キビツノカシャ)』」、「百済の王『温羅』」、「百済の皇子『温羅』」と変化し…その最後も、首を斬られ退治されたとする『鬼城縁起』以外は降参して吉備津彦の家臣、吉備の守護神となり、180歳まで生きたとする資料もある…

果たして温羅の正体は何だったのか?
吉備津彦は何故281歳まで生きたのか?
古代出雲、ヤマト王権、都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)、百襲媛、たたら製鉄…そしてKAYAとは?

桃太郎からラーマヤーナまで、想像力の翼を広げ謎に迫る古代史ファンタジー!
著作権使用料 独自規定
追記
なかなか上演しようという方が現れないだろうとは、思いますが…
岡山県内の上演は2020年まで許可が出せません。
県外の場合は、どういう状況で上演されるかを伺って許可を出したいと思います。状況・目的によっては無料で許可する場合もあるかも知れません。
その他 原案:乙倉俊

2017年秋 岡山県内にて初演予定
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 (0)
お笑い (0)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー 88888888888888888888888888888888888888888888888888 (100)
シリアス (0)
(2017/3/6 23:25:27現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム