テレビ時間

()
初演日:0/0 作者:鳴辺一弥
初演会場
初演劇団
キャスト総数6(男:2 女:1 その他:3)
上演時間15分
あらすじ 大好きな女の子ミサとついにデートできることになった横山。しかし彼は大のテレビっ子。そのため報道されたことを愚直に信じすぎて、それが原因で、デートはことごとく悲惨な結果に。怒った彼は、報道アナウンサーに会いに行くことを決意しミサと一緒に東京旅行を決行する。
テレビ局の前で、待ち伏せし、アナウンサーの膝山に出会い、報道被害のことを言うが全く取り合ってくれない。ミサの上の名前が杉山だと分かり、報道番組の大スポンサーである杉山製薬の令嬢だと判明し、膝山は一転して平身低頭しミサに媚びへつらう。その様子を見ているうちに横山は、怒る気がなくなり、トボトボとその場を後にし、気付けば家へ帰るお金もなくトボトボとそのまま東京暮らしを始める。
その浮浪者同然の様子を膝山を始めとする報道スタッフが撮っていた。一躍時の人に、しかし本人はそんなことも知らず、寂しくラジオなどを聞きながら暮らしている。報道は加速していき、彼の生活が全て丸分かりになっており、それに気づいた彼は自ら絶命する。

そのシーンもまた生放送で全国に流れ、報道被害だと大バッシングの中、世間の人々は、報道と人々という二項対立になっている事に気付く。斯くして横山の死は、報道と人々の関係性を暴露し、メディアの怖さを世間に問う形となり、世に残る教訓となる事件として後世に伝わることになる。



人物

横山健二 テレビ好きの青年

ミサ   かわいい女の子

膝山光一 報道番組のアナウンサー






人々代表を主人公に、報道と人々という話で始めて、話が進むけどある所で話が止まる。そこで黒幕たるスポンサーの人を出して、報道の怖さを描く。 報道に押しつぶされた人々代表。しかし彼の死ぬ前の機転により、その場面を見ていた人々は手口という物の存在に気付き、再び人と報道という関係が二項対立、対等になるという話
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 (0)
お笑い (0)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス 99999999999999999999999999999999999999999999999999 (100)
(2017/2/27 14:20:15現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム