南星への出発

(みなみぼしへのたびだち)
初演日:0/0 作者:丸山歩
初演会場
初演劇団
キャスト総数5(男:1 女:3 その他:1)
上演時間60分
あらすじ 「南に羽ばたく風あれば、災厄を祓い、もたらす幸は永劫なり」
遥か昔、東西南北を司る四つの神があった。
かつては人と共に在った神達であったが、時が流れ、人々の考えが変わっていくと共に、その存在は忘れ去られていった。
そして長き時が経った後、「四神」の一人、南のスザクが人間界へと降り立った。
かつては共に在った人間達を、もう一度この目で見たいと思った為に。
時は1945年3月10日。世界規模の戦争が激化し、ある島国が集中的な攻撃を受けている真っ只中であった。
そんな中、神であるスザクは一人の人間の命と一体化する。
戦火の中、子供を守る為に自らの命を投げ出した、勇気ある一人の少女の命を救う為に。
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他 久しぶりに四作目の投稿です。
投稿するものとしては四作目ですが、僕が書いたものとしては13作目、つい最近書き上げた新作となります。
「四神」の一人、朱雀から見た、大戦後の日本の片田舎が舞台となっています。
大戦といっても、戦争や社会情勢を特に意識していないので、そこはリラックスして見ていただけると幸いです。
どうか興味があれば一読ください。
※四神をテーマにしているところは一作目の「迷信−Paradigm Shift−」と共通していますが、作品上の繋がりはありません。
追伸:作中に登場する子供の役は、男子と女子、どちらが演じても問題ない為、記載上は不定とさせていただいております。
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 (0)
お笑い 22222 (10)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー 88888888888888888888 (40)
シリアス 9999999999999999999999999 (50)
(2017/2/13 02:27:56現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム