運命の魔法

()
初演日:0/0 作者:菅原悠人
「運命の魔法」
                  作 菅原 悠人
   
   1   
    瑞樹、いたつき
 
   瑞樹「優人〜ちょっと優人いないの〜」
   
     優人、上手からはいる
 
   優人「うるせーなー、なんだよ姉ちゃん俺超忙しいんだけど」
   瑞樹「なに言ってんの、どうせゲームとかしてたんでしょ」
   優人「い、いや!全然してねぇし!」
   瑞樹「ばればれ」
   優人「う、・・・なんだよ姉ちゃん、超能力者かよ、まじぱねぇ」
   瑞樹「なにふざけたこと言ってんの」

   優人「だってさ、俺の噓、友だちに見破られたことないんだよ」
   瑞樹「あんたの友だちも可哀想ね」
   優人「おい、俺の友だちの悪口を言っても怒りはしない、でもな俺の悪口は言うんじゃねえよ」
   瑞樹「優人の悪口しか言ってないつもりだけど」
   優人「う、うそだろ・・・」
   瑞樹「なんなの、バカなの?」
   優人「え?なんで?」
   瑞樹「はぁ〜、そんなこといいからさ、ちょっと近くのコンビニまでお菓子買ってきなさいよ」
   優人「えーなんだよ、パシリかよ、自分で行けよ」
   瑞樹「嫌だよ、だって私、司法試験の勉強しなきゃなんだから」
   優人「俺だって、そうなんだけどー」
   瑞樹「ゲームしてたんでしょ、とっとと行ってきなさい」
   優人「ちょっと横暴すぎー、俺だって色々と疲れてんだから休ませてくれよ」
   瑞樹「夕ご飯、優人の好きな物作ってあげる」
   優人「ま、まあ、そ、そうゆうことなら、行ってあげてもいいかな!」
   瑞樹「さっさと行ってきなさい」
   優人「しょうがねえな、行ってやるよ、で何買ってくればいいんだ?」
   瑞樹「飴」
   優人「飴?」
   瑞樹「飴」
   優人「ガキかよ」
   瑞樹「いいじゃん好きなんだから、なんか悪い?」
   優人「悪くはないけどさ・・・ちょっと姉ちゃんって子どもっぽいところあるよな」
   瑞樹「なんだって〜?」
   瑞樹、優人のほっぺたを引っ張る
   優人「痛ててててて!分かった、分かって!」
 
     瑞樹、やめる
   
   優人「暴力反対」
   瑞樹「そんなこと言ってる暇があったら早く行ってきなさい」
   優人「行けばいんだろ行けば」
   
    優人、上手にはけようとする
 
   瑞樹「ねえ、優人?」
   優人「なんだよ」
   瑞樹「私たちが弁護士になろうとしてる理由、覚えてるよね」
   優人「・・・当たり前だろ」
   瑞樹「ならいいんだけどさ」
   優人「じゃあ、俺行ってくるから」
   瑞樹「うん、いってらっしゃい」
   優人「いってきます」
 
     優人、上手にはける
   
   2
    少ししてチャイム音
  
   瑞樹「はぁー、誰よ勉強中に」
   
     瑞樹、立とうとする
     ミーヤ上手から入る
 
   ミーヤ「やあ!僕ミーヤだよ!」
   瑞樹「うわ!え!?え!?なに!?なんなのあなた!人の家に勝手に入って来て!」
   ミーヤ「え?ちゃんとチャイム押したでしょ?ほらぴんぽーんって、もしかして聞こえなかった?」
   瑞樹「聞こえたけどさ・・・」
   ミーヤ「なら問題なしだね!」
   瑞樹「問題大ありよ!だいたい靴!」
   ミーヤ「うん?あっごめん、脱ぐの忘れちゃった、てへ」
   瑞樹「てへじゃないわよ!さっさと靴脱いできて!てか帰って!」
   ミーヤ「はーい、靴脱いできまーす」
   
    ミーヤ、上手にはける
 
   瑞樹「なんなのアイツ・・・」
   
    ミーヤ、上手から入る
 
   ミーヤ「いやーごめんごめん、それにしても大きくなったね!見違えちゃったよ!」
   瑞樹「はぁ?私はあなたみたいな変な人に会ったのは初めてなんだけど」
   ミーヤ「え?・・・ああ、なるほど、そっかそっか、うんうん」
   瑞樹「なにあんた・・・変な人・・・」
   ミーヤ「あはは、いいからいいから、じゃ改めまして」
   
    ミーヤ、咳払いして
 
   ミーヤ「やあ!僕ミーヤだよ!魔法使いさ!よろしくね!」
   瑞樹「はぁ!?あなた魔法つか」
   ミーヤ「ミーヤだよ!」
   瑞樹「あなたは」
   ミーヤ「ミーヤだよ!」
   瑞樹「・・・ミーヤ・・・さんは」
   ミーヤ「さんはいらない」
   瑞樹「・・・ミーヤ」
   ミーヤ「うん!なに?」
   瑞樹「はぁー、たちが悪い・・・」
   ミーヤ「うん?そうかなー、僕としては仲良くなる最高の手段なんだけど」
   瑞樹「それ間違ってるわよ・・・って魔法使いって言った!?」
   ミーヤ「言ったよー」
   瑞樹「いくらなんでも信じられないんだけど!?」
   ミーヤ「信じられない?」
   瑞樹「当たり前でしょ!」
   ミーヤ「じゃ、証拠を見せてあげるよ!」
   瑞樹「はぁ?」
   ミーヤ「えい!」
 
    ミーヤ、瑞樹に魔法をかける
   
   瑞樹「え?え!?なにこれ!?か、体が、動かない!?」
   ミーヤ「ほら!」
   
    ミーヤ魔法を解く
 
   瑞樹「な、なんだったの、これ」
   ミーヤ「どう?これで信じてもらえたかな?」
   瑞樹「・・・信じてあげるわよ」
   ミーヤ「ああ良かった良かった、ところで瑞樹」
   瑞樹「ちょっとまってなんで私の名前知ってんの?」
   ミーヤ「え?・・・ああ!ま、魔法使いだからさ!」
   瑞樹「そんな都合良いものなの?」
   ミーヤ「だって魔法使いだよ!なんでもできるって!」
   瑞樹「ふーん」
   ミーヤ「ところで、お父さんとお母さんはどこにいるのかな?」
   瑞樹「・・・え」
   ミーヤ「僕ねあいさつがしたいんだ!」
   瑞樹「・・・お父さんとお母さんは仕事の関係で遠くにいるんだ」
   ミーヤ「そうか・・・残念だな・・・でどこにいるの?」
   瑞樹「なんであなたに教えないといけないの」
   ミーヤ「そんなこと言わないでさ!教えてよ〜ねえねえ」
   瑞樹「絶対教えない」
   ミーヤ「瑞樹のけち、まぁいいや、帰ってきたらあいさつしよ」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム