山椒魚

(さんしょううお)
初演日:0/0 作者:白石謙悟
初演会場
初演劇団
キャスト総数3(男:3 女:- その他:-)
上演時間20分
あらすじ 長い時を経て岩屋から出てきた山椒魚は
あまりの海の広さに目が眩んだ。

湿地を抜けた先、川のほとりには一匹の蛙。
南の空から渡り鳥が友に呼びかけた。

風に吹かれ、たゆたいながら、ただ生きる。
路傍の石ころが転がっていく。

山椒魚は、悲しんだ。
著作権使用料 独自規定
追記
無料です。公演で使っていただける場合は、連絡をお願いします。
その他 タイトルでお分かりだと思いますが、
井伏鱒二さんの「山椒魚」から着想を得ています。
とても好きな作品です。
山椒魚が主人公だからこその味があるんでしょうね。

Image song「海と山椒魚」(米津玄師)

write 2015 12 15
(2019/5/20 23:59:22現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム