鬼ごっこ、人ごっこ。 -60分ver.-

()
初演日:0/0 作者:なつみ(ダブルクラブ)
『鬼ごっこ、人ごっこ。』

登場人物:由希・・・女。主人公の女子高生。
     昴・・・・男。鬼。
     響・・・・男。鬼。腹ペコ。(キャストは女性でも可)
     兄・・・・男。テンションが高い大学生。
     女・・・・女。先生。研究者。
     
     
 場面:場面は由希の部屋、公園の二つで構成される。
    舞台前を外の道として使う場面もある。


【第一幕】

【シーン1】

 場面は由希の部屋。

 部屋には男が二人。
 一人は虚ろな目をした少年。部屋の中央でクッションを抱えている。
 一人は目つきの鋭い青年。部屋の隅で落ち着かない様子のまま中空を仰ぐ。イライラとしながら自らを押さえつけているかのように見える。

 かちかちと時計が鳴る。鳴り響く。
 だんだんと音は大きくなっていく。

 と、ガチャリと玄関のドアが開く音。

 二人はその音に反応する。

 部屋の扉が開く。
 私服姿の由希が通学鞄を持って登場。

由 「ただいま」

 疲れ半分で言うや否や、響が飛びかかる。

響 「ゆきー」

   抱きつくすんでのところで叩き落される。

由 「うるさい」

   次は両手を広げた昴が迫ってくる。

昴 「ユキー」

   が、やはり少女の拳にふっとばされる。

由 「ウザイ」

   事も無げに男二人を地に伏した後、鞄を床に置く。

響 「ねえゆき、おみやげは?」
由 「ない」
響 「なんで」
由 「なんであたしがあんたにおみやげ買って来なきゃいけないのよ」
響 「いいじゃんケチ」
昴 「ねえユキ、ただいまのチューは?」
由 「ない」
昴 「なんで」
由 「なんであたしがあんたと、んなことしなくちゃいけないのよ」
昴 「いいじゃんケチ」
由 「ケチじゃない。意味わかんない」
響 「ねえ、ゆき」
由 「今度は何?」
響 「どこいってたの?」
由 「学校よ」
昴 「制服も着ないで?」
由 「鞄は持ってる」
昴 「中身は?」
由 「……ない」
響 「なにしに行ったの」
由 「うっさいなー、関係ないでしょ」
昴 「嘘」
由 「!?」
昴 「ついちゃだめだよ」
由 「なによ」
昴 「制服に着替えてない時点で行く気ないでしょ、学校」
由 「そんなことは……」
響 「ひきこもり」
由 「!」
響 「……ってなに?」
由 「……」
昴 「ひきこもり」
由 「!」
昴 「って言わない?こーゆーの」
由 「…………」
昴 「いい加減さ、そろそろ学校行ったほうがいいと思うよ」
響 「思うよ」
昴 「いつまでもわがまま言ってないでさ、子供じゃないんだから」
響 「子供じゃないんだから」
昴 「そんなに学校が嫌いなわけ?」
響 「きらいなわけ?」
由 「うるせーっ!!!」
昴・響 「……」
由 「だいたいお前ら学校行ったことあんのかよ!」
昴 「ある?」
響 「ない」
昴 「俺もない」
由 「ならそんな偉そうな口を叩くな。ぐちぐちぐちぐち二人して、なんだ、おまえらは口うるさい母親か?」
響 「おれ、男だよ」
昴 「母親が二人もいるわけないでしょうが。本当に頭弱いね、ユキちゃんは」
由 「どえりゃあ――。お前ら、死なす!」

   暴れる由希。あわてる響。逃げ回る昴。

由 「はあ、はあ、はあ……(その場にへたり込む)」
昴 「……なんていうか、おつかれ」
響 「ゆき、こわい……」
由 「なんでいつもこうなのよ。あたしって苦労人? こいつら何考えてるのかさっぱりわかんないし」
昴 「ユキさーん」
由 「毎度毎度あたしばっかりが疲れて、このままじゃあたしはストレスに握りつぶされるわよ」
昴 「おーい、ユキさーん、戻っておいでー」

   由希、むくっと立ち上がると荒々しくクッションを拾い上げる。
   ぶつぶつと何事かを言いながらぬいぐるみを持ったまま退場。

   と、『ドスッ、ドスッ』と何かを激しく殴る音が響く。
   徐々にエスカレートしていき、そのうちチェーンソーやらマシンガンやらわけのわからない音まで聞こえてくる。

   ピタッと音が止むと、湯上りのようにさっぱりとした表情の由希が戻ってくる。
   クッションは無傷だが、それを掴む手は乱暴に過ぎる。
   笑顔のままクッションを投げ捨て、それを響が庇うように拾い上げる。

由 「で、何の話だっけ?」
響 「……(無言のまま首を横に振り続ける)」
昴 「なんでもないです」
由 「そう」
響 「……ゆき」
由 「なあに?」
響 「ごめん。なんでもない」

   間。

響 「あの、さ」
由 「なにかしら」
響 「あ、あの、その……おなかすいた」
由 「それで?」
響 「だからね、その、だから……やっぱりいいや」
由 「言ってごらんなさい」
響 「……(無言のまま首を横に振り続ける)」
由 「言えっつってんだよ」
響 「はい、自分は、腹がすこぶる減っているのであります。したがって、由希さんにす
こぶる美味い手料理を作って頂きたい所存であります」
由 「はい、よくできました」
  「そうよね、あたしがいなくちゃあんた達はご飯を食べることすらできないんだから。
あたしみたいなひきこもりが、ご飯を作ってあげなきゃ、満足に生きていくことすら
できないんだから」
昴 「ユキ、ひきこもりって言ったこと、根に持ってるだろ」
由 「別に根に持ってなんかないわよ。別に」
昴 「嘘つけ」
由 「そもそもあんた達にそんなこと言われる筋合いはないの。
わかる? あんた達だって立派なひきこもりじゃない。だってこの家から出られないんだから」
響 「やっぱり根に持ってるじゃないか!」
由 「しゃらっぷ! あんた達が追われててしかも命を狙われてるっていうから家に匿ってやってるっていうのに、だっていうのに何なのこの扱いは。
   料理を作ればやれ熱いだの辛いだの文句を言うわ、掃除機をかければやれうるさいだのきたないだの苦情の嵐。
服を買ってきてやっても着心地が悪いだの地味だのうるさいのなんのって。
   誰の金だと思ってやがる!あたしの金だぞこんちくしょー」
昴 「ユキちゃん、キャラ変わってない?」
由 「誰のせいよ、誰の。キャラがぶっ壊れるくらいあたしを追い詰めたおバカさんたちは」
響 「おれと、」
昴 「俺?」
由 「わかってるんなら文句を言うな。静かにしろ。騒ぐな。黙れ」
昴 「まったく、『人食い鬼』二人をここまでビビらせるなんてたいした女だよ、あんた」

由 「昴はこんな風に言ってるけどあたしには全く実感が湧かない。
『人喰い鬼』だとか言われても信じられない。
だって昴も響もどこからどう見てもただの人間にしか見えない。
確かにちょっと変わってはいるけど、特別人間離れしているということもない。
   響っていうのはこいつのこと。いつもボーっとしてるしガキっぽいし、
何考えてるのかわかんない奴だけど、昴と同じ人喰い鬼らしい。
といっても、人間を食べたいなんて言ったことはない。
確かに大飯食らいではあるけど、妙にかわいいところもあったりするいい奴だ。
   こいつらと出会ったのはある雨の日。びしょびしょに濡れて倒れていたところを
善良なる心を持ったあたしはついつい助けてしまったのだ。
だって捨てられた子犬みたいな目をしてあたしを見上げるんだから。
これで拾ってあげなかったらあまりにかわいそうじゃない!
   そうやってあたしは騙されたのよ。そうよ、そもそもそれが間違いと後悔の始まりだった。
こいつらときたら毎日毎日うるさいのなんのって。
昴と響が問題を起こさなかった日なんて一日もない!」
昴 「退屈しなくて済むだろ?」
由 「余計なお世話よ!だいたいあんたたち、なんで命狙われてるわけ?」
昴 「何度も言ってるだろ、俺たちは研究所から逃げてきたんだ。
鬼を捕まえては薬を打ったり切り刻んだりするイカれた奴らからさ。
俺たちは鬼ってだけで珍しいんだ。研究所の連中に捕まったら何をされるかわからない。
あいつらは好奇心と探究心にとりつかれた狂人集団だ。もう一度捕まればジ・エンド。
血を抜かれて体をいじられて、標本にされるのがオチだ」
由 「何度聞いても信じられないな、その話」
昴 「信じられないかもしれないけど、本当なんだから仕方ないだろ。なあ響」
響 「おれ、もうあそこにはもどりたくないよ」
昴 「俺もだね。あんなところはもうたくさんだ」
由 「そんなにヒドイところなの?その研究所ってとこ」
昴 「ああ。地獄だね、アレは」
由 「……ふーん。そういえば、研究所に行く前はどうしてたの?」
昴 「どうって、普通に生活してたよ。人間の家で一緒に暮らしてた。普通に、人間みたく」
由 「え、そうなの?それ初耳なんだけど」
昴 「そうだっけ?まあ、普通にのんびりと暮らしてたよ。響はどうか知らないけどね。
こいつとは研究所から逃げ出すときに一緒になっただけだから、その前のことは知らない」
由 「へえーそうなんだ。で、あんたはどうだったの響?」
響 「わかんない。あんましおぼえてないかも」
由 「やっぱり。そんなことだろうと思った。
それにしても、一ヶ月も一緒に暮らしてるのに知らないこともけっこうあったりするんだね」
昴 「そうそ。一ヶ月も一つ屋根の下で暮らしているんだ、そろそろお互いのこともわかってきた、もっと深い所まで知りたいと思わない?」
由 「あの、近いんですけど。ウザイんですけど」
昴 「いや、ただ俺もユキのことあんまり知らないなって思って」
由 「なによそれ」
昴 「だってユキってばあまり自分のこと話さないからさ。
居候としては寂しいと思ってしまうわけですよ。
   前から言ってるだろ? 俺は、ユキのことを食べてしまいたいくらいに好きなんだって」
由 「また始まった」
昴 「俺、ユキのこと好きだよ。食べちゃいたいくらいに、好きだよ」
由 「人間は食べないんじゃなかったの?」
昴 「あ、俺の苦手なものって知ってる?」
由 「はあ?」
昴 「俺の苦手なものトップスリー……ピーマンとゴーヤ。あと一つは……ひみつってことで」
由 「……もういいよ」
昴 「んで、ユキちゃんの話、聞かせてよ」
由 「ほんっとに、調子いいよね、あんた」
昴 「うん。でも今に始まったわけじゃないし」
由 「はいはい……。んで、あたしの何が聞きたいって?」
昴 「それはずばり……」
昴・響「どうしてユキがひきこもりになったか!」
由 「……あんたら、ケンカ売ってるでしょ。明らかにケンカ売ってるでしょ」
昴 「だって、一番気になるところですし、ねえ?」
響 「ねえ」
由 「勝手なこと言い腐りやがって。
   それは──あー、やっぱりダメだわ。ごめん、あたし自分のこと話すの苦手だから」
昴 「そうですか。だったら俺も――」

   突然、『ぐう〜』と大きな音が。言わずもがな、響の腹の音である。

響 「おなかすいた」
由 「……これだよ。そういえばさっきから言ってたね」
響 「ゆきぃ〜ごはん〜」
由 「はいはい。本当に食いしん坊だね、あんたは。仕方ないから何か作ってやるよ。
昴は?どうする?」
昴 「……ああ、じゃあ俺もいただこうかな」
由 「よし、それじゃあ腕に寄りをかけてチャーハンでも作りますか」
響 「ええー、手抜きぃー」
由 「文句言わないの。あんたはただでさえたくさん食べるんだから、あんまり手をかけさせないでよ。
ホントに、あんたたちが人間を食べなくてよかったわ」
昴 「ユキ」
由 「ん?なに?」
昴 「……いや。ピーマンは、入れないでほしいな」
由 「はいはい」

   由希、台所へ退場。

響 「ほんとうはたべたくないんじゃないの?」
昴 「なんでまた?」
響 「ううん、なんとなくそう思ってるような気がしただけ」
昴 「勝手に人の心を覗くなっての」
響 「なにが?」
昴 「なんでもないよ」
  
昴・響「ほんとはいつも、食べたくて食べたくて仕方がないんだけどなあ」

昴 「だから覗くなっての」

   昴、口許を押さえながら考え込む。どれだけ考えても答えは出ない。


【シーン2】

   場面は公園。
   ベンチには黒いコートを着た女が座っている。
   右手には黒い手袋と杖。

   鼻歌を歌いながら兄登場。背にはナップザック。上機嫌。

兄 「いい天気だなあ。こんなにいい天気だと、なんだかウキウキしちゃうよね」

   陽気に踊りだす。元気が有り余っているようだ。

兄 「お姉さん、どうして俺がこんなにウキウキしちゃってるかわかるか?
   ……わかんねえだろうなー。実を言うとな、今日は妹の誕生日なわけよ」

   兄、ナップザックからかわいらしいウサギのぬいぐるみを取り出す。

兄 「由希ーただいまーお兄ちゃんは今帰ったぞー。
『キャーお兄ちゃんお帰り☆由希ちょー寂しかった』 おおそうかそうか。
お兄ちゃんもお前の顔が見れてうれしいぞ、妹よ。
『お兄ちゃん、ご飯にする?お風呂にする?それとも、あ・た・し?』 
こらこら、それは新婚さんいらっしゃいだろ。『てへ、由希間違えちゃった?』 
かわゆいやつめ。そんなかわいい由希ちゃんにお兄ちゃんがプレゼントをあげよう。
『まあなんてかわいらしいクマちゃん☆お兄ちゃん、本当にもらっちゃってもいいの?』
ああ、もちろんだとも。なんたって今日は由希の誕生日だからね。
『お兄ちゃん、由希の誕生日憶えててくれたんだ。由希ちょーうれしー』
なんてな、なんてな」
女 「いや、若いね。妄想もここまでくると気持ちがいいよ」
兄 「久しぶりに由希に会うからな……なんか緊張してきたな」
女 「ねえ、君の妹さんってさ、彼氏とかいないの?」
兄 「なに?」
女 「いや、ただなんとなく気になっただけだよ。あまりにお兄さんが素敵だったからさあ」
兄 「由希に彼氏だあ?おらんぞ、そんなものは断じておらん。いるはずがない!」
女 「ああ、よくいるよね『うちの子に限って』って口癖のように言う親が。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム