魔法の鏡の使い道

(まほうのかがみのつかいみち)
初演日:0/0 作者:長谷川芳輝
初演会場
初演劇団日本大学法学部劇団群狼 夢多噺
キャスト総数4(男:1 女:1 その他:2)
上演時間20分
あらすじ 「父は生まれた時から行方不明、そして母もいなくなったら...」
白雪姫は思った。

次の女王はあたしじゃん。

母クロエをどうにか消すべく、鏡と共に画策する。
しかし、そこに駆け出しの詐欺師アープが現れ、事態はあらぬ方向へと進み始める。

鏡の正体、白雪姫出生の秘密を知り、彼らは家族というものを見つめ直すことになる。
著作権使用料 独自規定
追記
誰がどこで演じても無料です。
楽しくお使いいただければ幸いです。
ただし、連絡はください。
よろしくお願いいたします。
その他
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 (0)
お笑い 22222222222222222222222222222222222222222222222222 (100)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス (0)
(2017/9/6 00:16:57現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム