「セカンド・ブルー」-long.ver.-

〜200年後の君と、200年前のあなたへ〜

(せかんど・ぶるー )
初演日:0/0 作者:弓の介
『セカンド・ブルー』〜200年後の君と、200年前のあなたへ〜

【登場人物】
 【200年後】
橙子  妹。あおいに強い劣等感を抱く。『かぐや姫』への憧れを捨てられない。
あおい 姉。立体映像作家。天才で傲慢。 
ハル  橙子の同級生。15歳の選抜で『かぐや姫』となり、月面に派遣される。あおいの役者が兼ねる。
城田  ハルの恋人。
 【現代】
牧   先輩研究者、納豆から皮膚を作る研究のホープ。
加藤  後輩研究者、牧の研究室の後輩。軽い性格。
和子  牧の妻。
カコ(過去)家出少女? 牧と加藤の車に便乗する。
 【400年後】
カコ(未来)アンドロイド。繭子の後任となる予定
所長  40歳位。鍾乳洞の遺跡『クジラの腹』の所長。話が長め。
繭子  アンドロイド。保護法のため地上に異動させられることになる。ツンデレ。
サトウ 繭子にベタ惚れの青年。愛すべき前向きなバカ。加藤の役者が兼ねる。   

人影が、青い背景とさざ波の中佇んでいる。それぞれの顔は見えない。一人、二人と歩み去る。残るのは、二人の女性のシルエット。二人は手を繋ぐことはなく、完全に寄り添う距離ではなく、離れることなく並んでいる。一人が、歩き出す。迷いのない、確固たる足取り。一人はそれを眺め、また海へと視線を戻し、舞台前面に向かって歩き出す。
明転。中央に豪奢な作りの椅子が一つ。通信台である。椅子に腰掛けたシルエットの女性は、橙子。手には箱をもっている。ビデオレターの撮影中。

橙子  ハルへ。これは私があなたに送る、最後の手紙です。この映像が月に届く頃、あたしは北極にいるでしょう。あなたとは、もう、絶交。・・・急にこんなこと言って、ごめんね・・・だけど、私、本当はあなたのことが大嫌いだった!・・・あなたは『かぐや姫』に選ばれた。あなたは、あたしの欲しいものを全て持って、あたしの前から消えてしまった。何よりあなたは、あの人に似ていた。・・・この10年。毎年毎年送っていたビデオレター。もう、終わりにします。これは、あなたへの手紙です。そして、私の大切な人への手紙でもあるのです。

 橙子、宙を見上げる。視線の先には、月。

橙子 姉さん。

 ボー、ボーとクジラの鳴き声のような、船の汽笛のような音。
 橙子、黒い箱を置く。暗転。タイピングの音が始まる。橙子の怒声が響く。

橙子 ほんっと、信じられない!

 明転。一脚の椅子に座り、ディスプレに向かって仕事中らしい、あおい。
 そばに立つ橙子。

橙子 ねえ、なんでよ。なんで、あたしのジーンズ捨てたりしたの!
 
 あおい、ヘッドフォンを外し、

あおい は?
橙子 何で人の服を捨てたのかって言ってるの!
あおい 何の話?
橙子 だから、あたしの、
あおい 捨てたのは、ボロ雑巾だけよ。
橙子 ぞうきんじゃなくて、ダメージ・ジーンズ!
あおい 要するにボロでしょ。あ、ちょっと黙って。今・・・凄く複雑な演算が・・・あ、あ、あ。ふっ。
 
 あおい、画面に見入る。演算のことを考える彼女は、少し色っぽい。

橙子 ちょっと。
あおい ふふんふんふんふふ〜・・・(適当な鼻歌)。
橙子 あおい。
あおい あああ、草原に風が吹く!

 びゅう、っと草木を渡る風の音。
 橙子、思わず髪を抑えるが、立体映像である。手を外し、ヘッドフォンを奪う。

橙子 無視しないで!
あおい わっ。ちょっと・・・いいでしょ、雑巾の一つや二つ。
橙子 弁償して。
あおい ・・・今月の家賃20万、光熱費と食費と、あんたの授業料、しめて45万。
橙子 鬼ばばあ!
あおい 払えないなら、雑巾の一個や二個で、がたがた言わないの。
橙子 あたしが居なかったら、この家なんてすぐゴミ屋敷なんだから。このゴキブリ!散らかし屋!ゴミため女!
あおい 適材適所よ、適材適所。家事は私よりあんたが上手。お金を稼ぐのは、あんたより私が上
手。ちがう?
橙子 さすが。天才映像作家様は、言うことが違うね。なに?良い映像さえ出来れば、性格悪くて
も、生活能力ゼロでも許されるってこと?褒められて調子にのってるの? 宇宙工学科を卒業したくせに、映像会社で働くなんてさ。どんなに稼いだって、社会資源の無駄遣いなんだよ!
あおい ぺらぺらぺらぺら、つば飛ばしながら、よくもまあ。
橙子 はっ?
あおい 政治家みたいな言い方はやめなさい。宇宙なんて行きたい人間が行けばいいの。絶滅してしまった動物達や、今は砂漠になってしまった太古の海岸。そういう風景を映像として蘇らせる作業の方が、私には、ずっと、ずーっと大切なの。
橙子  天才、ってところは否定しないんだ。
あおい うん。あたしが天才であるがために、苦労をかけるわね。
橙子  あたしは、姉さんの召使いじゃない!
あおい だから、適材適所、適材適所。
橙子  じゃあ、せめてデートの邪魔しないでよ!
あおい どうせ不倫でしょ。
橙子  不倫じゃないわよ。まだ結婚してないんだから。
あおい どうするのよ、補償金。3億なんて大金、うちにはないからね。
橙子  卒業したら、なんとかする。
あおい かぐや姫の恋人なんて、まあ面倒くさいこと。
橙子  ・・・余計なお世話!そっちこそ、男の一人や二人作ってみれば?
あおい いいよ、面倒くさいもの。で、待ち合わせまで、あと何分?
橙子  (時計を見て)・・・覚えてなさい。
あおい ははあ、なるほど・・・ここの骨子が甘いのか。
橙子  馬鹿にして!
あおい あ、今日の、夕飯・・・何よ。あいつ。
 
 橙子、飛び出す。あおい、退場。暗転。別の場所にスポットが灯る。
 【さらに200年後の未来】所長が佇んでいる。鍾乳洞の中、薄暗い空間。巨大な【何か】が横たわる気配。『名跡 クジラの腹』について、所長はツアー客に解説を行っている。

所長 えー。こうして22世紀になり、チキュウの各国でアンドロイドの製造が過熱しましたが、まだ、どの国もアンドロイドの存在を公表しませんでした。そのため、アンドロイドはより人間らしく振る舞い、アンドロイドであることを隠して生きる時代が、100年近くも続いたのです。当時生産されたアンドロイドの中には、40歳を越えるまで、自分が人間ではないと知らない人もいたそうです・・・

 所長、空間に手を伸べる。

所長 さて、2253年、この『クジラの腹』が空からやってきました。・・・見えますか。ね。
大きいですね・・・『クジラの腹』は、宇宙船の一部です。つまり、この遺跡は、200年前に我々の先祖がチキュウを離れ、このセカンド・ブルーに向けて、宇宙を渡航した証拠なのです。船の前半部分は墜落の衝撃で消失し、『クジラの腹』は船体の、胸部から尾翼にかけての胴体部分と推察されます。・・・お客様、そこ危ないですよ、柵に寄りかからないで!

 所長、一呼吸置いて。

所長 ・・・えー、時は2253年。アンドロイドであった"クジラ氏"は、一乗船員としてこの船に搭乗し、セカンド・ブルーを目指しました。しかし、着陸間近のセカンド・ブルー上空で、トラブルが発生。ロケットが開発基地に墜落する危険が生じます。氏の操縦により、すんでのところで着陸地点は変更され、当時は海面であったこの洞窟に船は墜落しました。皆さん、入り口の記念碑は御覧になりましたね。クジラの腹とともに殉職された、40名の名前が刻まれています。しかし、あの中にクジラ氏のお名前はありません。何故か?・・・一人の英断によって人類の計画は救われましたが、一方で人間のふりをしていた、アンドロイドたちの存在が明らかになり、大きな波紋を呼びました。人命と貴重な宇宙船が、機械の独断によって失われたのです。クジラ氏の行為は、機械の誤作動のように報道されました。その風潮は、一時は民衆によるアンドロイド探し、迫害運動へと繋がりかけます。これが、記念碑に"クジラ氏"の名前が刻まれなかった理由ですね。

 所長、階段を下りながら

所長 ですが、クジラ氏が優れた芸術家であったため、事態は一変。・・・地球では氏の作品がすでにかなりの人気を博していました。当時の大統領の声明によれば、作品から伺える氏の精神には高い芸術性と、慈愛の眼差しが満ちている、と。・・・『精神』つまり、心ですね。アンドロイドに心がある、と声明は裏付けた。この逸話より、『ヒト/アンドロイド同胞宣言』が‥‥(観客のあくびを見て)お、そろそろ眠くなってきましたか。氏の勇気と英断をたたえ、この「クジラの腹」を中心に、建国記念館が建設されました。・・・え?‥クジラってなあに?・・・うーん。実物のクジラは、セカンドブルーでは生息個体が確認されておりません。詳しくは地上に戻ってから、パークの動物園で聞いてくださいね・・・ところで皆さん、ここに入ってきた時は何人でしたっけ。あれ、一人増えている?気のせいですか?点呼をとって見ましょうか。実はね、ここ、出ーるーんーでーすーよ。死んだ宇宙船の乗組員の幽霊が・・・クジラに殺された怨念が、おーんねーん・・・『きゃー』・・・今日のお客さんはノリがいいですね。嬉しいなあ。数えてみましょうか・・・いーち、にー・・・。

  とつぜん、男(サトウ)が、ぶしつけに登場する。

サトウ 所長、しょーちょー!お昼ですよ!
所長  いいところだったのに。
サトウ ハイハイ、それでは皆さん、湿っぽい洞窟で長くてつまらないお話、本当にお疲れさまで
した。カフェテリアに移動してください!大した物はないんですけど、インスタントのお茶とサンドイッチでも食べやがれ!
所長  ちょっと、サトウくん。言葉づかい。
サトウ あ、いけねえ、繭子さんに鍵借りて来なかった!
所長  ちょっと。

 サトウ退場。追いかけて、所長も退場。
 【現代】車のエンジン音、走る、走る。明転。中央に運転席、男が一人乗っている。車は停車する。加藤が走り出てくる。

牧 加藤、乗れ!
加藤 牧さん!あなた、何してるんですか?
牧 いいから!

 カーステレオはラジオ放送のようだ。牧、ラジオを切る。

加藤 どういうことですか?!
牧 何が。
加藤 昨日、いきなり休んだりして・・・。
牧 悪かったよ。でもそれどころじゃないんだ。
加藤 こっちだって、それどころじゃありませんよ。朝のニュース、見ました?
牧 ああ。
加藤 東博士の研究室が、人工知能の開発に、
牧 知ってるよ。
加藤 ああ、くそっ。
牧 なんだ、いらついてるな。
加藤 あそこに居たのは、自分だったかもしれない、って思わないんですか。
牧 (鼻で笑って)お前、いつの間に、そんなに思い入れるようになった?
加藤 それは、どこかの恐い先輩の影響で。
牧 ふん・・・

 加藤、怒りがおさまらない様子で。

加藤 まったく。朝からみんな暗い顔して、チャンネル替えても替えても、同じ記者会見なのに、テレビの前から離れないんですよ。"見てても線維は育たないし、いつまでもブラウン管に怨念を送るのはやめて下さい"って言ったら、所長にどつかれました。ふざけんな、って話です。どうせ、人工知能って言っても、まだむき出しの細胞なんですから。あいつに足が生えて歩き回れる訳ではないし・・・こっちの開発が、頓挫することは無いでしょう。
牧 どうだかな!
加藤 みんな、納豆に命賭けられないなら、降りろって話ですよ。
牧 じゃあ、おれも降りるか。
加藤 えっ。
牧 舌噛むぞ。
加藤 は?・・・わわわ!一般道、一般道ですから!・・・すみません、ごめんなさい、俺が悪かったです、もう喋らないので停めて下さい!

 急加速する車。激しくスピンするタイヤの音、左右に揺さぶられる。
 やがて、住宅街の静かな道に出て、車は停車したようだ。

加藤 死ぬかと思った・・・うわあ、豪邸ですねえ。どんな人間が住んでるんだろう。
牧 ・・・違う、ここじゃない。
加藤 で、昼飯の店はどこですか?
牧 あ?誰が飯に行く、って言ったよ。
加藤 ええっ、この時間に来て、『ちょっと付きあえ』なんて言うから。・・・ああ、昨日の晩はプラント管理で1時間起きに起こされて、すげえ眠いのに。
牧 育ったか?
加藤 全然ですよ。一晩必死に調整したのに、プラントDは0.1mmの厚みにもなりませんでした。
牧 だろうな。
加藤 えっ・・・。
牧 絶対に育たない条件を設定することで、弱点を洗い出そうと思ってさ。あれは、あれでいい。
加藤 そんな・・・。
牧 何だ。
加藤 別に、いいですけど・・・だったら何で、予め教えてくれなかったんですか。あんなに必死にやったのに・・・馬鹿みてえだ。
牧 みたいじゃなくて、馬鹿なんだよ。お前だって少し考えれば、あの構造に気づいただろう。考えない奴は、本物の馬鹿だ。与えられるものを右から左に流して、雑な仕事をしている証拠だ。
加藤 そんな言い方・・・

 加藤、言葉を失う。とげとげしい沈黙が落ちる。
 きゃっきゃと、子どもの声がする。加藤、往来の子どもに思わず手を振る。

加藤 かわいいなあ、年長さんですかね。
牧 気持ち悪い。
加藤 えっ。え?
牧 気持ち悪いよ。小さいのに人間だ。
加藤 ・・・牧さん?
牧 爪、歯,骨から内臓から目玉まで。あんなに全部のパーツが小さいのに、完全に人間なんだ。機械だったら、コンパクトな方が進化しているのに、子どもはいつか大人になる。なあ加藤、説明してくれよ。何でなんだ。
加藤 ・・・知りませんよ。
牧 あのさ。盗まれた。
加藤 は?・・・盗まれた?何が?
牧 研究成果、俺の家にあった。
加藤 はあっ?!どういうことですか。資料は全部、俺にくれた社外禁のノートに残したって・・・
牧 あれは写しだ。最も大事な箇所は、ここ(頭)と、うちの金庫に。
加藤 そんな、大事な資料を家に置いておくなんて!ヘタしたら研究所をクビになりますよ。いったい、誰がそんな、泥棒なんて。あんなもの盗って何になるんですか。
牧 知らん。追うぞ。
加藤 え?
牧 犯人。今なら、追いつけるかも知れない。
加藤 目星がついてるんですね。
牧 ああ。いざとなったら、おまえの手を借りることになるかも知れない。移動するぞ!
加藤 いざとなったら、って。警察とかに連絡しな・・・(客席に)牧さんが、車のアクセルに足をかけた瞬間。目の前に、人影が飛び出した!・・・危ない!

 女(カコ)が一人、車の前に立ちふさがる。急ブレーキの音。女は尻餅をつく。
 慌てて、二人は降りる。

牧 馬鹿野郎。どこ見てるんだ!
女(牧にすがりつく)助けて!・・・追いかけられてるの、助けて!
牧 は?
女 お願い、車に乗せて!
加藤 ちょっと、ちょっと何なのお前。
女 いたたたた、今ので腰がー。
牧 当たったのか。
女 いたい、イタイ!病院に連れて行ってよ。

 女、素早い動きで車の後部座席に乗り込む。

女 早く出してったら。お願い、ちょっとで良いから乗せていってってば!
加藤 何だ,こいつ。
牧 ・・・仕方ない。

 牧、アクセルを踏み込む。車は発進する。溶暗。
 【400年後】あたたかな明かりがともると、舞台中央には2脚の椅子と、中央に机。
 セカンドブルー開発記念公園、地下展示資料館『クジラの腹』の事務室。
 繭子と、カコが資料を広げている。カコは前場面と同一人物。

繭子 こちらが、昨年度の『クジラの腹』の入場者数です。春先に吹雪の影響で旅行者が激減してしまったので、建国200周年と絡めた臨時のイベントを打って集客を図りました。お世話になったスポンサーさんの連絡先。機械関係の業者がこちら。それから、こっちは最近『クジラ氏の残した作品』の復旧作業に協力してもらっている、NPO法人の連絡先です。困ったときは、この端末を・・・。 カコ このイベント。去年来ました。大道芸が凄かったですね。
繭子 そう?・・・今年は海も穏やかですから、特に企画を打たなくてもお客様は来ると思います。
初夏の頃は忙しくなりますよ。
カコ はい。
繭子 とにかく早く、地下の生活に慣れてくださいね。波の高いときは、泊まり込む日も増えます
から・・・。
カコ 心配して下さるんですか、ありがとうございます。
繭子 と、言うより。あなたが『劣悪な環境では働けない』と言って、すぐ辞めてしまったりすると、とても迷惑なので。
カコ どういう意味ですか。私、そんなに、いい加減なプログラムではありません。
繭子 あら、お気を悪くした?
カコ 少し。
繭子 失礼。では、本日の引き継ぎはここまでにしましょう。明日は、
カコ 15時に来ます、アルバイトがあるので遅刻するかもしれません。
繭子 (むっとして)・・・そうですか。
カコ 失礼します。

 カコの去り際、繭子はひとりごちる。

繭子 適性の問題ではないのだけれどね。人間であれば、この暗闇に慣れるには、所長みたいに長く住んでいる人か、よっぽどの図太い神経の持ち主・・・。

 サトウ、ノックもせずに入ってくる。

サトウ まゆこさーん。展示室の鍵、ちょーだーい。
繭子 そう。こういう感じの、クジラのメイン回路みたいな、図太い神経・・・。
サトウ 何ですか。人の顔をまじまじと。はっ、もしかして、やっと俺の魅力が分かりましたか。
繭子 ううん、全く。どうしたの?
サトウ さっき、見ない顔の女の子とすれ違いましたけど。新人ですか?
繭子 ああ。カコさん。製造番号247722856・・・私の後任です。
サトウ あれ、アンドロイド?
カコ そう。
サトウ え、ってことは、繭子さん辞めちゃうんですか!
繭子 うるさい。辞めるんじゃないわ。地上の動物園に異動するの・・・例の法の、監査が入って。
サトウ ああ、ですよねー、ここ、暗いし安いし所長の話は長いし、劣悪な環境そのもの、って感じですもんね。
繭子 そんなことないわよ!そんなに不満なら、サトウ君が動物園に行けば?
サトウ ええー。繭子さんの仕事を、俺みたいなのが代われるわけがないでしょ・・・いけねえ、鍵!お客さん待たせてた!
繭子 カフェテリアの鍵だったら、所長も持ってるわ。また確認しないで来たでしょ。
サトウ くそう、してやられた。あー、やる気なくしました。

 サトウ、ゆっくり繭子と間合いを詰める。

サトウ 繭子さん、いつ居なくなっちゃうんですか。
繭子 来月あたりかな。
サトウ (髪に触れて)全然知らなかった。水くさいですよ。
繭子 私だって、所長に先週言われたばかりです(髪の毛を振りもぎる)。
サトウ ねえ、一回、地上で食事でもどうです?おれと、繭子さんと、
繭子 所長と、さっきの子でね。
サトウ (肘をとる)おれ、きっと今日は悲しくて眠れない。
繭子 あ、そう。じゃあ徹夜で、第3展示室の企画を考えてちょうだい。
サトウ 一緒に、ベッドの中で、考えようか・・・手、冷たっ!
繭子 当たり前じゃない。君相手に、体温を上げたってしかたないでしょう?
サトウ あー、もう、そのつれなさ、たまんないよっ!(抱きつこうとする)。

 所長が入ってくる。

所長 ・・・うー、むー。
繭子 (かわして)所長!今日はお客さんが多くて良かったですね。
サトウ まゆこさーん!俺の愛を・・・。
繭子 愛はいらないから、お茶をちょうだい。・・・冷えますね。
所長 ああ。
繭子 さっきまで、引き継ぎの方が。
所長 ああ、そうですか。
サトウ はい、所長。お茶です。俺の愛が詰まったお茶です。
所長 うん、どうもね。
サトウ つまんなあい。所長ってどうしてそう、ツアー以外だと口がべたべたなんですか。
所長 口べた、ね(笑う)・・・何でだろうねえ、慣れでしょうね。
繭子 辞めたくないです。
所長 ん、ん?
繭子 クジラ氏の作品の復元だって、これからって時じゃないですか。所長、おかしいですよ。NPOの人ばかり作業場に入れて、私たちは実物も見ないまま広告の計画をしろなんて。あれがどれくらい貴重な資料か、セカンドブルーの歴史上どんなに大きな発見なのか、私は分かっているつもりです。・・・しかも、二人になると、サトウ君がべたべた触ってくるし。
所長 え・・・ちょっと、それは、まずいよ。人工物でも。
サトウ もう、繭子さん、何で言っちゃうんですか。二人の秘密でしょ!
繭子 サトウ君と秘密なんてもちたくありません。あと、所長。今の発言ですが、人工物だったら
触っても良いんですか。所長は、朝の挨拶代わりに、私にキスしますか?セクハラですよ。やれるものなら、やってみてください。
所長 いや、それは・・・劣悪な環境になっちゃうから。
サトウ はい、はいはい!します!毎日します!
繭子 サトウくん、そういえば、お客様の昼食時間が、そろそろ終わりね。
所長 あ、僕が・・・。
繭子 所長は、お弁当が届いていますから、どうぞ。(サトウに)展示室の案内をしてきて。
サトウ したら、デートしてくれます?
繭子 なんで?
サトウ けちー。

 サトウ、去る。所長は隣室へ弁当を取りに行く。見送って、繭子は、

繭子 所長、お茶いれなおしますよ・・・!

 所長の後を追って居なくなる、繭子。溶暗。
 【現代】再び車内。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム