遣隋使に俺はなる!

〜小野妹子に会いたくて〜

(けんずいしにおれはなる)
初演日:0/0 作者:なつみ(ダブルクラブ)
遣隋使に俺はなる! 〜小野妹子に会いたくて〜

  ※遣隋使や小野妹子を全く調べずに書きました。悪しからず。

  過去でも現在でもないどこかの話。
  この世界では、「遣隋使」という仕事があるらしいのだが・・・


  スーツ姿の男が二人いる。

  男2は元気がない。そこに男1が声をかける。

男1「どうしたんだよ、そんな暗い顔して」
男2「いやー、ちょっと出張入っちゃってさあ」
男1「出張? いいじゃん。上が金出してくれて、旅行できると思えばさ
男2「お前はポジティブでいいな」
男1「え、で、どこに出張するんだよ?」
男2「今回のはちょーっと遠いんだよねえ・・・」
男1「え、どこどこ?」
男2「えーっ」
男1「もったいぶるなよ。教えろよ」
男2「・・・隋(ずい)」
男1「隋っ!?」
男2「そう、隋」
男1「え、隋って、中国じゃん。海外出張!? マジかー」
男2「マジなんだよー」
男1「でもいいじゃん海外。日本なんかよりずっと文化も文明も進んでるんだろ。
   俺も行ってみたいわー」
男2「お前ってほんとポジティブだよな」
男1「え、よくない? 海外出張。日本では食えないような料理も食えるんだろ?
   うわーうらやましい」
男2「俺はどうしてもそうは思えないね。水にあたってお腹壊したらどうするんだよ」
男1「お前は心配性だなー」
男2「それにな、海外出張も命がけなんだよ。船で移動だろ? 
   嵐に巻き込まれたりして、帰ってくるどころか、まずたどり着けない場合もあるらしいし」
男1「えー、それは嫌だなあ。でもさ、冒険みたいで楽しそうじゃない?
   ♪ありったけの夢をーかき集めー」
男2「なにその歌」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム