我が懐に桜来て散る

(わがふところにさくらきてちる)
初演日:2007/9 作者:地下祐市
初演会場北とぴあ
初演劇団女子聖学院高校演劇部
キャスト総数11(男:6 女:5 その他:-)
上演時間60分
あらすじ 与謝野鉄幹と晶子夫妻の元に、女流歌人山川登美子が訪ねてきた。かつての恋のライバルが夫と死別したことを理由に上京してきたことに晶子は動揺する。日露戦争勃発、晶子の「君死にたまふことなかれ」に反発した暴漢が与謝野邸を襲撃するが、登美子の機転で晶子は救われる。しかし、登美子と晶子の共著「恋衣」の発表は登美子を窮地に陥れ、さらに病魔が彼女を襲う。
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
追記
2008年にネクストJSGが上演した時はキャストを削って上演してます。
ギャグは適当に新しいものに差し替えてお使いください。
その他
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー 0000000000000000000000000 (50)
感動巨編 (0)
お笑い (0)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの 55555555555555555555 (40)
時代劇 66666 (10)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス (0)
(2017/11/1 19:26:01現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム